電車・バスにまつわる思い出

私の街のバス事情は、非常に快適です。

電車・バスにまつわる思い出

私の街のバス事情

私の街のバス事情は、非常に快適です。
というのも、もともとお年寄りが多かった地域に、新興マンションがたくさんできて、子供のいる家族がたくさん引っ越してきたからです。
バスの路線は少しずつ増えて、快適になり路線も少し延びたようです。

私の街のバス事情は、たとえば自分の郷里と比べるとずいぶん違うんだなと思います。

自分の郷里のバス事情を、自分の街のバス事情と比較すると、バスの本数がぜんぜん違います。
また、料金がぜんぜん違う。地方を走っているバスは、走っている距離が相対的に長くなりがちなので、運賃が少しずつ増えていきます。
一方で、東京の公営バスは運賃が一定だしお年よりは無料だし子供は半額ですね。
なんと言っても地方では、少しずつ路線の廃止が進んでいます。
理由は、採算があまりにも悪いためでしょう。採算が悪くなると高くなるので、ますます皆さん利用しなくなりますね。悪循環で、廃止になるそうです。

私の町のバス事情は非常に幸運なものなのでしょうが、多くの人が利用できるバスの路線を作るには沿線の住民の協力が必要かもしれません。

Copyright (C)2014電車・バスにまつわる思い出.All rights reserved.